くすりの木

勉強会の内容や、日々の業務で必要な知識を、健忘録としてこのブログに書いていきます。不定期更新です。

正しい保湿剤の使い方、知ってますか?

今回は、保湿剤の重要性、塗る時のポイントについて書かせて頂きます。

ちょっとした一工夫で、皮膚の保湿力がUPします(^^)

 

 

【保湿剤の重要性】

保湿剤は、皮膚に水分を与えたり、その水分が逃げないようにする役割があります。

皮膚が乾燥した状態になると(ドライスキン)、外からの刺激を受けやすくなってしまいます。

 

【保湿剤の塗り方(大人)】

・皮膚のしわに沿って、手のひら全体を使って丁寧に塗りましょう。

 

・入浴後5分以内に塗りましょう。

 ※皮膚が水分を吸収している時に塗るのがポイント。

 

・塗る前に、水や化粧水などで皮膚を湿らせてから塗ると効果的です。

 

・保湿軟膏(ワセリンなど)は、手で温めて柔らかくしてから塗りましょう。

 ※硬いまま塗ると、皮膚を痛めることがあります。

 

・皮膚がテカる、またはティッシュが皮膚に付くくらいを目安にして塗りましょう。

 

【保湿剤の塗り方(小児)】

・身体に塗る時は、左右対称に保湿剤を点在させ、手のひらでマッサージするように伸ばします。

わきの下も忘れずに塗りましょう。

 

・顔に塗るときは、小鼻のわき、目と口のまわりにも忘れずに塗りましょう。

耳たぶを前に倒して、耳の後ろにも忘れずに塗りましょう。

耳の中は、保護者の小指で塗るとよいでしょう(綿棒で塗ると奥まで入りすぎてしまうことがある為)

 

・手足に塗るときは、指と指の間、腕の曲がる部分、膝の裏も忘れずに塗りましょう。

足の甲、足の裏、足首もきちんと塗りましょう。

 

 

【保湿剤の選択】

・頭に塗る場合は、ローションタイプを使うと、ベタつかずキレイに塗れます。

・秋~冬は皮膚を覆う効果に優れた油脂性軟膏を、春はクリームタイプ、夏はさっぱりした使用感のローションタイプ、乳液タイプを使うとよいでしょう。

・好みに合わせて選ぶのも大事です。特に、子どもに塗る場合は、子どもが嫌がらないものを優先して選んで下さい。

 

 

 

 

ランキングに参加しています。 よろしければポチッと応援お願い致します。 にほんブログ村 病気ブログへ

スポンサーリンク

広告を非表示にする