くすりの木

勉強会の内容や、日々の業務で必要な知識を、健忘録としてこのブログに書いていきます。不定期更新です。

小児の接触性皮膚炎

接触性皮膚炎の原因

灯油

火傷のような皮膚炎になる。灯油が付いた衣服との接触で生じる

植物

草によるかぶれでは、線状に並んだ小水疱型になる。

漆によるかぶれが起きた事がある子は、銀杏、マンゴーにも注意すること。

桜草、菊、アロエが原因で皮膚炎を起こす事もある。

接着剤

ボンドなどを使用した後、2~3日以内に手や顔に紅斑が生じる

ゴム

手袋やサンダルなどに使われているゴムにより皮膚炎を起こす(ラテックスアレルギー)

薬品

ヒビテン、軟膏で皮膚炎を起こす事がある。

金属

イヤリング、ネックレス、歯科金属など、日常で使うものによって皮膚炎を起こすことがある。

毛虫皮膚炎

 

接触性皮膚炎の分類

一次刺激性接触性皮膚炎(非アレルギー型)
  • 急性刺激性接触性皮膚炎:強酸や強塩基などの強い刺激物が1回付着して起こる。
  • 慢性刺激性接触性皮膚炎:弱い刺激物が何度も付着し、徐々に発症する。
アレルギー性接触性皮膚炎
  • 湿疹型:接触性皮膚炎の大部分を占める。特定物質に触れることで必ず発症する。
  • 苔癬(たいせん)型:香料、植物、服の線量などによる色素性接触性皮膚炎。
光接触性皮膚炎
  • 発症に光照射が必要。接触アレルゲンが、光感受性物質であるときに発症。
接触性蕁麻疹
  • 化学物質が皮膚に接触してから30分以内に発症する蕁麻疹。

 

 

接触性皮膚炎の治療

原因となった物質を推定し、それを遠ざける。

小水疱、びらん局面には軟膏(Ⅱ群~Ⅲ群のステロイド)を、その他にはクリームを用いる。

かゆみ止めとして抗ヒスタミン薬を服用する。

 

 

ランキングに参加しています。 よろしければポチッと応援お願い致します。 にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク

広告を非表示にする