読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くすりの木

勉強会の内容や、日々の業務で必要な知識を、健忘録としてこのブログに書いていきます。不定期更新です。

小児の手足の痛み。

考えられる原因

  • 成長痛:夜間、痛みで寝付けず泣くこともある。
  • 整形外科的疾患:靴の不具合、単純性股関節炎、偏平足、ペルテス病など
  • 外傷:疲労骨折、捻挫、打撲、虐待によるもの。
  • 感染症:化膿性関節炎、化膿性骨髄炎、筋膜炎。
  • 膠原病:小児慢性関節炎、皮膚筋炎、SLE。
  • 全身性悪性疾患:白血病、線維芽細胞腫による腫瘍細胞浸潤。
  • 骨腫瘍:ユーイング肉腫、骨肉腫、好酸球性肉芽腫、骨軟骨腫。
  • その他:血管性紫斑病、血友病

 

※ペルテス病とは:子どもの股関節の大腿骨への血流が何らかの原因で滞り、骨の壊死が起こる。股関節の痛みや、動きの制限などの症状が発生する。

※ユーイング肉腫とは:小児や若年者の骨に発生する肉腫。痛みや腫れが起こる。転移しやすく、悪性度が高い。

 

診断

足を動かすか、急性か、慢性か。発熱はあるか、強烈な痛みがあるか、朝のこわばりがあるかどうか。

関節可動域に低下があるかどうか、跛行があるかどうか。

CRP値、骨関節X線、関節腫脹の有無など。

 

《例》

  • 足を動かさない場合、化膿性関節炎の疑いがある。
  • 急性であれば外傷、化膿性関節炎、化膿性骨髄炎。
  • 慢性であれば小児慢性関節炎、皮膚筋炎。
  • 発熱がある場合は化膿性関節炎、化膿性髄膜炎、小児慢性関節炎、白血病、神経芽細胞腫。
  • 強烈な痛みがある場合は、化膿性関節炎、化膿性骨髄炎、リウマチ熱。
  • 朝のこわばりがある場合は、小児慢性関節炎を疑う。

 

緊急性が無く帰宅した場合でも、

以下の場合は再受診を!!

  • 跛行が持続する場合。
  • 朝の手のこわばりが観察された場合。
  • 同じ場所をずっと痛がる場合。

跛行:外傷、奇形などにより正常な歩行が出来ない状態のこと。

 

 

 

ランキングに参加しています。 よろしければポチッと応援お願い致します。 にほんブログ村 病気ブログ 薬・薬剤師へ

スポンサーリンク

広告を非表示にする