くすりの木

勉強会の内容や、日々の業務で必要な知識を、健忘録としてこのブログに書いていきます。不定期更新です。

NHKスペシャル「腰痛・治療革命~見えてきた痛みのメカニズム」メモ

 

慢性腰痛とは

  • 腰痛に苦しんでいる人は、約2800万人。そのうちの半数が、慢性腰痛になっている。
  • 慢性腰痛とは、痛みが3ヶ月以上続く腰痛のこと。
  • 腰痛で働けなくなる人も多く、腰痛による経済的損失も無視出来ない。
  • 腰の痛みの原因は、骨(椎間板ヘルニア)と筋肉(怪我や、コリによる炎症)が原因。骨も筋肉も一度に原因となるのはぎっくり腰。通常であれば、痛みは3ヶ月以内に良くなる。
  • しかし、検査しても異常が無いのに、痛みが改善しない人がいる

 

異常が無いのに痛みが改善しない理由は?

  • 慢性腰痛の人とそうでない人の脳の活動に大きな差があることが発見された。
  • 慢性疼痛の人は、DLPFCの体積が少なくなり、DLPFCの活動が衰えている事が分かった。
  • 腰の痛みは神経からの電気信号で脳に伝わり、「痛みの回路」が出来る。それによって人は痛みを感じる。
  • DLPFCは、痛みの回路の興奮を沈める命令を出す。そのため、DLPFCの活動が衰えていると、いつまでも「痛みの信号」が消えず、痛みを感じてしまう。
  • 異常の無い慢性腰痛の人が感じているのは、幻の痛みであると言える。

 

なぜDLPFCが衰えてしまうのか?

  • 腰痛に対する、強い恐怖心、不安が原因と考えられている。
  • 恐怖心を無くし、不安を取り除くことでDLPFCの働きを改善することが出来る。

 

どうやって恐怖を克服するか?

①映像を見ることで、脳のリハビリを行う。

  • 腰痛に対する正しい知識についての映像を見ることで、「腰痛は怖くない!」と理解してもらう。
  • オーストラリアでは、腰痛についてのコマーシャル(数十種類)を流す事で、国民の腰痛が大幅に改善された。
  • 恐怖心が弱まる事で、DLPFCの働きを改善する。
  • 映像を見るだけで、175人中68人の人(約38%)が腰痛が改善された。

 

②1回数秒、ある姿勢をとってもらう。

  • 映像を見るだけでは改善しない人達には、以下の姿勢(図参照)を毎日とってもらう(腰から膝にかけてしびれが出る場合は、神経を圧迫しているので中止すること!)。
  • 腰が痛いと、ついつい前かがみになりがちだが、そこをあえてのけぞらせることで、自信をつけてもらう。
  • 映像と体操で、約56%の人で腰痛が改善された。

 

 

③それでも改善しない人には、「認知行動療法」。

  • 3週間の心理療法「認知行動療法」を行う。
  • 毎日8時間、カウンセリングと運動を1時間ごとに繰り返す事で、慢性腰痛を改善させる。

 

 

まとめ

  • 痛みが3ヶ月以上続くのは慢性腰痛。
  • 検査で以上が無い人の痛みは「幻の痛み」の可能性がある。
  • 腰痛は、身体全体、神経全体としてとらえる必要がある。
  • 痛みに対する強い恐怖心を減らし、DLPFCの働きを高める事が必要。
  • 今までの薬物療法に加えて、認知行動療法と運動療法も組み合わせて治療するのが理想。

 

感想

今後、腰痛に限らず、他の難治性慢性疼痛に応用されていくと思われます。早く保険適応になってほしいですね。

 

 

ランキングに参加しています。

よろしければポチッと応援お願い致しますm(__)m

にほんブログ村 病気ブログへ

スポンサーリンク